無視せざるを得ぬ町…っ! 8話のネタバレ/無料

無視せざるを得ぬ町…っ! エロ漫画 8話のネタバレとあらすじ

 

 

無視せざるを得ぬ町…っ!というエロ漫画の8話をネタバレしていきます。

無視せざるを得ぬ町…っ!は電子コミックサイトで無料の試し読みが出来る漫画です。

 

 

無視せざるを得ぬ町…っ!の無料試し読みはこちらから

      ↓   ↓   ↓

        クリック!

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

 

 

まろん☆まろん先生の人気エロ漫画、無視せざるを得ぬ町…っ!

親の仕事の都合で子供の頃に過ごしていた町に何年振りかに戻って来た主人公の男。

町のみんなも彼の事を温かく迎え入れてくれて毎日楽しく過ごしていました。

しかしある日を栄に町全体から無視されることになってしまった彼。

「どうせ何をしても無視されるならば・・・」と思い学校に向かっていく主人公。

学校に着いた彼の向かう先はクラスで一番可愛い真由子のところ(*´▽`*)

無視されることから吹っ切れた主人公くんのエッチでエロ~い復讐劇が始まります!

 

 

前回、無視せざるを得ぬ町…っ! 7話のネタバレ/無料はこちら

 

 

無視せざるを得ぬ町…っ! 8話のあらすじ

 

ゆかがダイニングテーブルに座り、そのテーブルの上に彼が向かい合って座ります。ずっと全裸のままです。彼の両足はゆかのおっ〇いを挟んでいます。

がっちり足で挟まれ、ゆかは逃げる事が出来ません。

彼のこの暴挙のせいで、ゆかの家庭はボロボロです。それでも彼を無視し続けないといけない状況にあります。ふと、ゆかは思います。今、家の中だと無視をしなくてもバレ無いのではないか…。こんな彼の思う通りにさせなくても良いのでは…。そんな考えが頭をよぎります。

ただ、ゆかの親は保守的です。町長に逆らう事になる“無視を止める”と言う選択肢はありません。それを考えると自分一人の行動で、両親を無碍には出来ないと判断しました。

ゆかは無視を続けます。

ただ、納得はしていません。ゆかが無視をしているから悪い、と言うレベルを超える行動を彼はしでかしているからです。

どう回避するかを考えている時、彼はゆかのお▼ぱいに目がいっていました。

 

でけぇパイ◇ツだな~

 

と言いながら服をめくり上げます。

 

両方のお〇ぱいが露わになり、その隙間から彼の勃起したチ▽ポがムギュと出てきました。

ずっしりした肉感に挟まれ、チ◆ポは心地いい感じです。つきたての餅に挟まれている様な感覚と表現します。

彼は彼女のお〇ぱいを持ちあげ、上下に動かします。すると、たぱん、たぱんと音を立てながら上下します。

 

彼はパ▲ズリに特に期待をしていなかったのですが、乳肉の乳圧が強い!!と大興奮です。

お□ぱいがチ◎ポに隙間なく密着してるので、ぬちゃぬちゃと気持ちがいいのです(*´ω`*)

これはパイズリと言うよりもマ▲コだな!!と笑い始めました。

 

彼は一人で説いていた、女の身体全部マ■コ説!!は正しいと確信を得るのです。

お★ぱいを上下され、彼女はぞわぞわしてきました。

 

目の前に彼のチ◎ポが出てきたり隠れたりしています。これがチ▽ポか…としげしげと見てしまいます。

同じ人間に付いている器官とは思えない…と興味を持って観察を始めました。

 

次に彼はお☆ぱいをむちゅむちゅと揉み始めました(*´▽`*)

お◇ぱいを寄せるとおチ◎ポは更に圧迫され、気持ち良くなりました。

お★ンポの先からは我慢汁が出てき、汗ばんだお〇ぱいが絡みあってたまらないと声を漏らします。

そして、何度か寄せて動かし、乳首を刺激しながら彼はイッてしまいました。しかもイク時には彼女の口を指で開けさせ、その中に入る様に発射したのです。

 

その後、彼はゆかの下の服を脱がします。お◆ぱいを触られ、お?ンコを見せられ、乳首を弄られ、嫌がっている割にゆかのマ▼コはトロトロになっていました(*´▽`*)

彼女は覚悟を決めました。

 

さっさとセ?クスして満足して帰れよ!!とガン突いています。家の中なら他の誰かに見られている訳でもないので、学校よりもマシだと思う様にしたのです。

 

ビキビキと音を立てながら彼はチンポを挿入してきます。チンポを入れられると思っていたよりも身体はゾクゾクします。

声にならない声が漏れます。ゆかのおマ◇コはうにうに、うねうねし、きゅ~~と締まる感じが彼には気持ちが良いみたいです(*´ω`*)

まだ半分しか入っていない状態ですが、もう既に彼女の身体はびっくりしています。後、半分入ってくるかと思うと、そんな事が出来るのか?と訝しがってしまいます。

ズブブブブと最後の根元まで挿入するとゆかは声を漏らしてしまいました(*´ω`*)

全身に電気が走ったみたいに、彼女自身も知らなかった奥の方に敏感な所があると確信するのです。

息遣いも荒くなり、思っていたよりも大分ヤバい事に気が付きます。これで動かれたら…。そう考えている内に彼は腰を振り始めます。

動くと、マンコの中もウネウネのミミズが絡みついてきます。奥の方を突かれると嫌がっていたゆかも敏感な部分を刺激され感じてしいます。

そして、次第に気持ちが良い事に、身体を委ね始めたのです。

我慢してさっさと終らせようと考えていましたが、我慢とかのレベルでは無いと気付かされます。お?ンポを挿入され腰を振られると強制的にイカされてしまうのです。

抵抗する暇さえ与えません。

こんなんじゃ、クラスの女子やママと同じじゃないか!!と自分が情けなくなってきます。こんな簡単にイカされて…と考えているのですが、お◇ンポで突かれながら乳首を刺激されるとあっと言う間にアヘ顔に変わってしまいます。

乳首の刺激も合いなって、ゆかはイッてしまいました。ゆかがイクと膣も締めつけられます。そうなれば彼は更に興奮するのです。

そして、続け様に彼もイき、彼女の中の奥の方向かって射精するのです。

 

どぷ!!びゅ~~~

 

やっと終った…と彼女は安堵しました。

 

これで解放されると思ったのでしょう。ただ、彼は精力剤を飲んでいる事もあり、膣から出したお▼ンコはまだまだフル勃起状態です。

 

今日は出しきるまでゆかを抱くつもりでいるみたいです。そんな宣言をされて、彼女はショックを受けてしまいます。

 

 

無視せざるを得ぬ町…っ! 8話のネタバレ

 

彼は彼女と向き合った状態でテーブルに座っています。もうずっと彼は全裸のままです。

食事も手づかみで食べ、欲のままに動いていると言う感じがします。

ゆかの体を両足で挟みこみ、逃げる事ができません。彼は大きなお▽ぱいを上から眺め、当然の様に服をめくり上げます。

そこに現れたのは大きなお▽ぱいです。彼はお◆ぱいを見、又勃起しました。

勃起したお〇ンポは、丁度谷間に挟まれる状態になりました。

 

そして、お△ぱいを持ち、上下にたぷたぷと動かしてみたのです。

彼はパイズリにあまり期待していませんでした。絵的には興奮材料ですが、実際はそんなに気持ちが良いモノではないだろうと思っていたのです。しかし、彼女のお◆ぱいはモチモチでおチ●ポ全てが乳の肉に包まれ、上下に動かすと、それはそれは気持ちのいいものでした。

パ◇ズリを侮っていたと実感します。彼の勝手な持論の中に、女の体は全てお★ンコと言う説があります。それを立証させるのではないか!!と興奮しています。

 

彼女は許してもいないのに、自身のお☆ぱいを、お◆ンコをしごく事に使われています。目の直ぐ下ではお●ぱいが上下する度にチ▽ポが出てきたり隠れたりしています。

こんな間近でまじまじとおチ□ポを見た事も無かったので、変な気分にもなってきました。こんなに熱くて脈打っていて、固くて太くて…。これが男性器なんだ…と。

 

その内、上下運動だけでは飽きてしまったのか、彼はお♯ぱいを寄せたりこねくり回したりします。乳首を刺激されて、ゆかは益々変な気持ちになってきました。

彼はゆかのお■ぱいを堪能し、あっという間にイッてしまいました。

 

そして、次はメインディッシュと言いながら、彼女の下の服を脱がすのです。

彼女は彼に嫌悪感を抱き、結構普通に嫌がっていたのですが、下着を下ろすとお▼ンコはトロトロ状態でした(*´▽`*)

 

嫌がっている割に体は違う反応を示しているのです。そのお★ンコに彼は勃起したお◎ンポを挿入します。中に入ってくる感じが少し苦しい気もします。

ゆかのお▼ンコは◆ンコを入れただけでうねうねと動きます。

この名器には彼もゆかのマ★コには病みつきになりそうだ!!と評価します。

 

根元まで入れられると彼女は苦しくなると同時に変な感覚になりました。こんな奥の方を突かれて、何も感じない事の方が無理だと実感しました。

ましてや、動かれてしまうと…と考えていると彼は腰を振り始めます。

彼女には抗う事の出来ない感覚が押し寄せてきます。

 

自然と声も漏れ出てしまいます。

 

我慢とかそんなレベルではない、と知ります。今まで自身も知らなかった体の気持ちの良い部分を刺激され全身がゾクゾクします。

 

乳首をつままれながらお◆ンポを入れられ、ゆかは不覚にも感じてしまうのです。何度か彼が腰を振るとゆかはイッてしまいました。こんなにも膣の奥の方をお〇ンポで突く事が気持ちがいいとは知りませんでした(*´▽`*)

 

彼女の名器に彼もあっと言う間に果てます。

 

ゆかはようやくこれで解放されると思ったのも束の間、彼は精子がなくなるまで楽しもうねと、又挿入する気配を醸し出すのです。

 

たった一度のセ〇クスで終える程、性欲が正常な男ではなかったのです。

 

 

無視せざるを得ぬ町…っ!の無料試し読みはこちらから

      ↓   ↓   ↓

        クリック!

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

 

無視せざるを得ぬ町…っ! 9話のネタバレ/無料はこちら

 

 

無視せざるを得ぬ町…っ! 8話の感想

 

ゆかは結構要領よく生きてきた子なんだなと思います。上手に嫌な事や不都合な事を避けてきたのでしょう。

今回も学校に行かず自宅にいれば、彼に犯される心配はないと思っていました。

ただ、町民皆に無視されている彼には、全く意味の無い考えだったと知ります。

きっと母親が襲われているのを目の当たりにして、逃げられないと諦めたのでしょう。

 

彼がテーブルに上に座った時も特に逃げる素振りはありません。色々考えて、結果無理なんだと悟りました。

服を脱がされ、勝手に彼はパイズリを始めました。彼女のお△ぱいはもちもちでお◆ンポに絡みついてくる感覚です。見た目のエロさとお〇ンポに与える快楽を合わせ持つ、彼女のパ▽ズリは最高だと彼は感じます。

目の前で彼は一人で、お◆ぱいを使い気持ち良くなっています。こんな勃起したお●ンポを見せられて、ゆかは不愉快極まりありません。

ただ、全くお▽ンポに関心が無い訳でもありません。時折見えるお□ンポの先っぽをまじまじと観察していると、同じ人間の器官とは思えなくなります。

こんな物が男性には付いているんだ~と感心してしまいます。

お★ぱいを触られ、お♯ンポを見せられ、ゆかの体は知らない間にお▼ンポを受け入れる体勢が整ってしまいます。

それは彼が彼女のパ◎ツを下ろした時に発覚します。

 

とろとろのマンコが現れるのです。満更ではないのか~とニヤニヤしているのは彼です。

 

そのままゆかに挿入します。彼女のお▼ンコは素晴らしく、お◇ンポを入れただけでうねうねと動きます。腰を振っていないのにこんなに動いてくれるお◎ンコは名器だと彼は喜び、称賛します。

 

一体どんな感覚なのか、体験出来ている彼は羨ましいなと思います。

 

お▽っぱいを触られ、チ◇ポを挿入され、ゆかも次第にセ●クスに魅稜されていきます。我慢してやり過ごそうと思っていたのですが、我慢すると言うレベルのモノでは無いと実感します。

 

お△ぱいも大きくて、マ■コの具合いい感じのゆか、これは精力剤を飲んできた甲斐があったのではないでしょうか。

 

彼が中でイき、これでようやく解放されると思っていたのはゆかだけでした。これから彼の性欲処理が続く事は夢にも思っていませんでした。

金玉が高速で精子を作る、今夜は宜しくと挨拶してきた時のゆかの落胆は大きな物だったでしょう。

恋人でもない相手に無理やりセ☆クスを強要されても尚、体は感じてしまう不思議がそこにはあります。

 

 

無視せざるを得ぬ町…っ!を無料で読む方法!

 

まろん☆まろん先生の人気のエロ漫画、無視せざるを得ぬ町…っ!は電子コミックサイトで無料試し読みというサービスを利用することによって無料で読めてしまいます。

もちろん全話が無料で読めるというわけではありませんが、それでも無料試し読みで読める部分でもこの漫画がどれだけエロ~いかというのが十分に分かっていただけると思います。

しかもdocomo,AU、SoftBankなどの携帯大手3社の公認サイトにもなっているので安心して読むことが出来ます。

電子コミックサイトは利用したことがない、という方はいかがでしょう。

きっと満足していただけると思いますよ!

 

 

無視せざるを得ぬ町…っ!の無料試し読みはこちらから

      ↓   ↓   ↓

        クリック!

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

 

 

無視せざるを得ぬ町…っ! 9話のネタバレ/無料はこちら

 

まろん☆まろん 無視せざるを得ぬ町…っ! 同人漫画のネタバレと無料試し読み